【登山かわら版】桜の花見登山ができる山を紹介するぜ!春に登りたい定番の山はここだ!編

【登山かわら版】桜の花見登山ができる山を紹介するぜ!春に登りたい定番の山はここだ!編

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している事態を受け、外出を自粛している皆様の暇つぶしになればと、家にいながらにして花見登山をした気分になれる特集をアップしまっせ!

 

「せっかく春なのに!ちくしょー!」と外出できずに憤慨してるそこの貴方。

 

俺なんて感染者(の疑いがあるおっさん)と密閉した空間で、しかも隣に座って長時間会議しちまったじゃないか!これって3密?いや、壇蜜?

それこそジーーっとしとかなきゃならない緊急事態っ!マジでやばい。これが最後の記事になったりして。。

ああ、もうほんとこのクソコロナ騒ぎが早く終わることを祈る。

っつー訳で、急いでレッツスターティン♫

 

 

本編 桜登山

春よー♫遠き春よー♪ま豚〜🐽鳥レバーそこに〜♫

桜の季節到来!

という訳で、麗しき中年花キューピットのやっほっほ亭が『桜登山』が楽しめる山を紹介するぜ!

 

冬が終わりに近づいてくると、雪の上で小さな羽虫を見かける様になりますよね。

やったぜ!羽虫の季節到来♪オエェ~。

あぁ春はすぐそこに来てるんだな~と、まず最初に春への移り変わりを知らせてくれるのが、やはり虫。

それからしばらくすると鳥が鳴き始め、麓から一気に花がわっと咲き始める訳です。

あ~考えただけで楽しいぜまったく!(外出自粛のクソがっ!)

 

花リレーに目を向ければ、ロウバイで幕を開けてカタクリ、梅、そして桜へとバトンが渡っていく訳ですが、それ以降はハクサンイチゲやヒメサユリ、ニッコウキスゲ等の高山植物の大洪水。

まさに春から夏にかけて博多祇園山笠の如く、コロナの感染拡大の如く(クソがっ!)、開花宣言が走り抜けちゃう訳だけど、今回は『桜』にフォーカスを当てて、いくつかご紹介したいと思います。

では、参るぜよ!

 

①虎山の弐千本桜(埼玉県)

まずトップバッターは秩父虎山。小さな虎山を植林された桜が埋め尽くす、その数なーんと1,700本!

ちょっと前までは千本桜だったんだけど、今では弐千本桜と謳っているまさに見渡す限り桜の白とピンクに染まる山。

ちょうど自分は桜のピークに訪れる事ができ、弱い風に舞う柔らかな桜吹雪が印象的だった。

コスプレが有名な山だということは知らずにやって来たから、そこら中でド派手なヅラをかぶったセーラー服姿の集団に度肝を抜かれた。

 

ここそこでコスプレの撮影会が開かれている…。

侍の格好でポニーテール。

はあ?

このうつけ者が!ちょんまげ結って剃りあげろ!

がるるるるー!

 

虎山はほんと小さな山だから、普段から山歩きをしてる人には100%歩き足りないと思うので、山桃が見頃の笠山/堂平山の登山を楽しんだ後、軽く虎山に立ち寄ってみるのが良いです。

 

堂平山を下山して白石車庫からヤマメの里公園の駐車場まで、いつもならかったるくてあくびしかでない単調な道路だけど、

ここもまた春色満載で絶対に楽しめるのでお薦めっ!

ご覧の通り、桜と山桃の桃源郷状態。

何より、東京から公共交通機関だけで気軽に来れるアクセスの良さも特筆すべき点。

下山後も楽しめちゃうここ秩父はまさに彩の国埼玉の宝です。羨ましい。

自分が訪れたのは4月14日。ご参考まで!

あ、でもコロナだから来年の4月14日前後で企画すべし。

http://hibihansei.jp/kasayama-2019-4-14/

 

②光城山(長野県)

ちょっと東京から離れるけど、桜の花見登山で光城山(ひかるじょうやま)は外せない。

場所は長野県の安曇野

登山口から山頂までわずか標高差310m。多くの家族連れで賑わう光城山はよく整備された登山道を1,500本の植林された桜が彩るまさに桜一色のトレイル

遠くから光城山を見ると、登山口から山頂に向けて一直線に桜のピンクの線が伸びていく様子が見られるんだけど、それが安曇野の風物詩と言われてます。

 

なんと言っても安曇野の山らしく、桜越しに見えるアルプスの景色が感動的な美しさ。

この日は花曇りの天気だったけど、それでも桜と常念岳のコラボにはメロメロにされたな。

標高は低いけど東京近郊の山より開花のタイミングが遅く、今年は桜登山できなかったな〜とボヤいてる人がいればラストチャンスだと思って是非訪れて欲しい。

ちなみに自分が訪れたのは4月21日。見ごろは4月中旬からGW。

山頂では大勢の人がゴザを敷いて宴会をしてました。

そういう山なんだけどね~、今年はコロナだから自粛すべし。あべし。

http://hibihansei.jp/hikarujyo-2019-4-21/

 

③棒ノ折山(埼玉県)

さて、強打で技術も備えた3番バッター。それに相応しいのが棒ノ折山(棒ノ嶺)

山頂の桜が有名なこれまた秩父の山です。

山頂の一本足打法、もとい!一本桜とは言いますが、実は2本あります。いや、もっとあったかな?(笑)

でも有名なのはこの山頂標識のすぐ側にある桜。

この定番の角度で桜を撮るためには、開花のタイミングを見事的中させるのが必須条件!

たくさん桜があれば多少タイミングを外したってどれか咲いてるさぁ〜と余裕かませるけど、狙いがこの一本しかないってのが難しいのよ。

当然、麓の桜より開花時期は遅い訳だから、読みがとても難しい。ヤマレコやYAMAPで無駄足を踏んでくれた物好きの、もとい!同胞達の犠牲レコでタイミングを見定めて山行企画すべし!コロナで行けないから来年ね!

 

山桜らしく白い桜にちょっと多めの葉が特徴的だね。

ちょうどこの日、満開を迎えた完璧なタイミングで訪れることができました。

訪問日は4月25日。

そして、棒ノ折山と言えばなんと言ってもコロナ!違った!ゴルゴ!違う!ゴルジュ!

それがこれね、↓

さあここを突破して山頂の桜を目指せ!

ゴルジュへは埼玉のマスコットキャラ『コバトン』の案内標識を目印にしてね!

コバトンあんま可愛くないけど(笑)。

ちなみにゴルジュとは水流によって岩が削られてできた狭い峡谷のこと。

とりわけここのゴルジュは登山ルートがこの間を通り抜けていくというなかなか珍しいルートで見応え十分。

桜で有名な山って、桜以外に見どころが無かったりするけど、棒ノ折山は歩いてトータルで楽しめる山でした。

http://hibihansei.jp/bouno-2019-4-25/

 

④妙義山(群馬県)

岩稜と言えば妙義山(みょうぎさん)。そして妙義山と言えば『桜』。そう思う人も多いはず。

見たまんま難易度の高い山で、中間道以外は全てエキスパートコースという破天荒この上ないやんちゃ者。

で、ここの桜は山を歩きながら見られる訳ではなく、麓の『さくらの里』を下山後に楽しむというゆるふわスタイル。

やんちゃな山とのギャップ萌えにやられちまいな!

訪問日は4月30日。

ちょっと遅かったなぁってタイミングだったから、4月中旬を狙うと良いと思うよっ!

 

登山者用駐車場の前に「さくらの里」への入口があるから、妙義山で心身ともに疲弊して戻ってきて、まだ歩けるなら気を鎮めるようにのんびり桜の観賞を楽しんでは如何でしょうか。

自分が訪れたこの日、桜の写真を撮る気まんまんで下山してみれば、登山口に救急隊が待機してる姿が…。

聞いてみると滑落死亡事故が起きたとのこと

オーマイガっ!ぶるぶる…チビッちまったぜ。

この日はチビって桜を見る気も失せちまった。。

 

石の洞門など桜以外にも見どころが豊富な妙義山。

この洞門は中間道にあります。山頂を目指さない中間道なら一般登山道だから安心だね!なんて言ってると軽く痛い目に合うかもで、中間道にも鎖場はたくさんあるから気をつけてね!

http://hibihansei.jp/myogi-2017-4-30/

⑤高尾山(東京)

ミシュランガイドにも掲載されている東京の高尾山

高尾山は桜の名所としても有名で、4月になるとそこここで桜を楽しめますが、一番有名なのは山頂部分にある一丁平でしょう。

一丁平で桜を楽しんで、城山まで軽く歩いてきのこ汁をすすってから下山するなんてなかなか粋な遊びだと思う。

城山は富士山の眺望は良いし、山頂は割と広いから宴会してる人も多く賑やかな山です。

今年は濃厚接触禁止ね(ちっ)。

 

個人的にはここ、1号路にある薬王院の仁王門前の桜が1番の美しさだと思う。

この色鮮やかな朱色の門とピンクの桜は写真映えポイント。この景色が登山客の目を引きつけて渋滞を引き起こしてましたが、それも仕方のないことだと思います。

「1号路なんて歩いてられっか!」と思ってる人も4月は是非とも歩いて欲しいです。

訪問日は3月31日。仁王門前の桜はばっちりだったけど、一丁平の満開を狙うなら見ごろは4月初旬~中旬です。

http://hibihansei.jp/kawaraban-takao-2018-3-31/

 

⑥高松山と松田山(神奈川県)

神奈川県、丹沢エリアの松田山です。ここの桜は河津桜のため開花時期が早く、自分が訪れたこの日はまつだ桜祭りの最終日だったのでもう葉桜が目立ってたなぁ〜。くそーまた行くぞ、来年。

終わりに近かったとは言え桜と菜の花がとても綺麗だったから見応え十分。

春山を先取りしたい登山者にはお薦めしたい山です。

 

松田山は俗っぽさが強く、それだけでは山登りの楽しみは得られにくいので、高松山で里山を楽しんでから松田山に移動するのが良いと思います。

訪問日は3月10日。あと1週間早ければ完璧だったんだけどなぁ。くそー。

 

ちなみにまつだ桜祭りではご覧の通り、屋台が並んで食べ歩きだってできちゃう。ん~楽しみ♪

しかしあいにくこの日は雨。

更に慢性ボンビーであるため買い食いはじっと耐え、お湯を沸かして持参したカップラーメンを食べるという特別感ゼロ待遇。

どうしたらお金貯まるのか誰か教えて。

ちなみに山頂からの景色はことごとくガスの餌食となり眺望ゼロ。それもあってまた再訪したい山の1つ。

再訪する頃には買い食いができるビッグな男になってることでしょう。

http://hibihansei.jp/takamatsu-2018-3-10/

 

⑦美の山(埼玉)

簑山(美ノ山)は再び埼玉県、秩父の山です。埼玉は強豪揃いだな…

4月は8,000本の桜、5月は3,500本のツツジ、6月は3,200本のアジサイが咲くことで有名な山です。

もちろんお薦めは4月。

タイミングが合えば桜とツツジを一緒に楽しめるかも。ラッキー♪

 

山頂は広く、園地化されてるため里山らしさには欠けるけど、こういう山は割り切って観光として楽しみたい。

美味しい空気吸って、気持ちよく歩いて、桜を楽しむ。そんな実に平和な登山を満喫した私はこの翌日に高熱が出てインフルエンザ発症。

翌日に控えた霞ヶ浦マラソンを欠場し、エントリー費用の7,000円を気前良くドブに捨ててやった。まさにボンビーがキングボンビーへと進化した瞬間。

つか、登山の翌日にフルマラソンを走るという、自分の計画性の無さに今更ながら呆れるわ。。

訪問日は4月16日。完璧なタイミングで訪れることができた登山となりました。

http://hibihansei.jp/mino-2016-4-16/

 

⑧福智山(福岡県)

福岡県の福智山(ふくちやま)はこれまで紹介してきた山全体を桜が覆うような派手な山ではありませんが、見ごたえは随一かと思います。

虎尾桜という樹齢600年、福岡県最古の桜と言われるエドヒガンザクラ。枯れて死ぬ寸前だった天然木が関係者のご努力で見事に蘇生し、今や福岡では最も有名な山桜と言えるでしょう。

虎尾桜は杉林に囲まれてるため日当たりがあまり良くない。なので、朝の10:30、夕方16:00頃が日が当たって綺麗に見えるらしいので、うまくタイミングを合わせて訪れるべし。

 

折角だから虎尾桜を見た後は源平桜にも立ち寄りたいね~。

白い平家桜とピンクの源氏桜。虎尾桜までなら観光客でも行けるけど、源平桜までとなるとさすがに登山客しかいないから、その分のんびり見ることができる。

 

福智山の隣の鷹巣山まで縦走してみれば、ちょうど水仙が満開のタイミング。

お昼を食べるなら鷹ノ巣山の山頂で食べることをお薦めします。ここならご覧の通り福智山を眺めながら食べられるし、空いてるからしばらく横になることもできる。ここでテントを張れたら気持ちいいんだろうなと、テントを持ってる人ならそう思う事間違いなし。

http://hibihansei.jp/fukuchiyama-2019-4-6/

 

最後に

家に居ながらにして花見登山の気分を味わうことはできましたか?

「できねぇよ!むしろ外出自粛なんかやめて今すぐ山に行きたくなっちまったじゃねえか!」

って感じですかね。

ひゃーっひゃっひゃっ。

でもじっと我慢するんだ!

どうせ桜登山ができる内に収束なんかしないから。そして、そうこうしてる間に梅雨がやって来るわけよ。

我慢した分、きっと登山がもっと楽しめる。自分はそう思って外出自粛することに決めました。つか濃厚接触者だしね(正確には、その疑いがある)。

自粛中、太るな・・確実に。

テレワーク中、ずーっとお菓子食べてるし。

 

別に夜の酒場をうろつく訳ではないし、人混みに出かけるわけでもないんだから登山はOKでしょ?と思います、はい。

でもやっぱり電車移動が不安なのと、もし自分が感染してたらバラ撒くことにもなるからね。感染が疑われる2週間は仕方ないからじっと我慢しまっせ。

この未曽有の事態に向き合って精一杯戦ってる方がたくさんいるのに、そんな中でブログを更新することすら自粛すべきか迷ったけど、当マイナーブログが自粛しようが何の影響力も無いし、少しでも山歩きを楽しみにしてる人が楽しんでもらえるなら発信するのも悪いことではないと思って公開しました。

 

ところで、今回紹介したかったけどできなかった山があります。

東京の「生藤山(しょうとうさん)」という山です。ここは桜のプロムナードと呼ばれる登山コースが有名なんだけど、残念ながら桜が病気にかかってしまい、ここ数年は開花してないとのことです。

自分は冬にしか歩いたことのない山で、今回の桜特集を書くのであれば、春に生藤山に登ってから公開したいなと考えてたぐらい、何年も前から狙ってる山です。

早く咲いてくれることを願うばかりです。

 

コロナ騒ぎが過ぎ去り、再び生藤山で桜が咲くようになればこの桜特集に追加したいと思います。

 

ではでは


登山カテゴリの最新記事