雪割草とカタクリの群生で有名な新潟県の角田山(かくだやま)に登ってきました。

雪割草は3月下旬から4月上旬が見ごろですが、4月に入ってからだとカタクリも同時に見られてすっごくお得!

これまで雪山登山が続いたもんで・・少しお休み。

しかしどこに行こうか・・?

妙義山の桜は少し早いし、かと言って天城山に登って河津桜を見に行くには遅過ぎる。とにかく旬にこだわって探してると、遠いけど新潟に登山道の周りを雪割草の大群生が覆う山があってすごく賑わってるという情報が・・

ふむふむ、しかも海が見える山。いいね!!

角田山。初めて聞く山です。

 

雪割草は新潟県の花です。

そんな角田山は新花の百名山、標高482mのお山です。

新潟では有名な弥彦山(やひこやま)と同じ山塊の最も北に位置する山で、新潟市街地に近いため東京からだと300キロ以上の長距離移動となってしまいます。

 

なので花だけじゃもったいない。

新潟は調べれば調べるほど楽しそうなところが盛りだくさん。

行きたいところは全部回りたい!でもさすがにそれは無理だから厳選して、下山後は寺泊港のアメ横で浜焼き食べて、新潟のB級グルメ「イタリアン」を食らうプランを立てました。

 

世間がエイプリルフールで浮かれてる以上に、超浮かれまくりーなチャラい旅を満喫する。それが今回のテーマです!

 

いざっ

 

アクセス方法

・角田山へのアクセスと登山コースの紹介は、こちら をご覧ください

 

 

■ルート

 

■全行程スケジュール 

2017年4月1日

7:30 角田浜海水浴場駐車場 ⇒ 7:50 登山口 ⇒ 9:35 山頂 ⇒ 10:10 下山開始 ⇒ 11:40 駐車場

 

角田岬へ移動

 

新潟県燕市にある道の駅国上(くにがみ)です。

角田山に最も近場にある道の駅です。温泉が併設されてるし駐車場は広いしトイレも綺麗なので仮眠をとるにはここがお薦めです。

 

朝ごはんはセブンに寄って、地元限定の「越後味噌焼きおにぎり」を購入。それとヤマザキ「ザクチョコ」。

甘党の自分にはザクチョコがたまらなく美味かった!

中のカスタードクリームと表面のフレークがかかったチョコレートが最高!!

まったく効果が上がらないダイエットに辟易としてたし、

(ただの食べ過ぎが原因)

しばらくは気分良く食べることにシフトしました。

 

角田岬の駐車場に着きました。

道の駅国上以上に広い駐車場。割ときれいなトイレもあります。ただ、道の駅のトイレの方が格段と綺麗ですけどね。

 

角田山へ登山開始

 

角田山登山、キックオフです。

海抜0メートルからの登山に胸が高鳴りまくりー。

「がんばるぞー」的な気概は一切なく、100%観光気分です。チャラ男です。

 

下山はあの灯台に向かって下りてくるルート。

灯台コースから登る人も多いけど海を背にして登るからあまりお薦めしません。

今回自分達は最も雪割草が咲いていると聞く桜尾根コースを登り、灯台コースで海に向かって下山するという角田山の定石ルートを選択。ほんと、おすすめです。

 

まずは海岸沿いの道路をとぼとぼと歩き登山口を目指します。

海を眺めながら気持ちよさそうに走る自転車。

少しだけ自分も自転車でもやってみようかなと思ったことがありますが、初期投資のべらぼうな高さに憤死しました。

 

やたらめったら注意書きが立ってて逆に読む気を削がれる。そんな登山口に着きました。

ここは私有地なので、先端にゴムキャップがついてないトレッキングポールは禁止、柵を越えて群生地に入ることは禁止、と言ったことが書いてあります。

まあ当たり前なことが書かれてます。

 

登り始めて50mぐらいでここから群生地の立て札。あまりに早い登場にびっくり。

 

足元にいきなりあった。

これか!これが雪割草ね!

初めて見るからいまいちこれが本当に雪割草か分からないけど、とりあえずたくさん写真に収めていく。

 

この色が違うのもきっと雪割草なんだろうな。形が同じ花びらだし。

 

綺麗な紫色です。

花に興味を持つことのない人生を送ってきたので、無理矢理な興味の持ち方に自分が一番違和感を感じる。

 

こうやって集まって咲いてるといいですね。

チャラ男の心も揺れてきました。

 

こんな鮮やかな雪割草もあるのか。

詳しい方がいたのでいろいろ花の名前を教えてもらいました。

 

シャウジョウバカマ。袴です。

 

私有地。整備されたトレイル、群生地の柵を見ててすごい労力だと思った。とても自分にはできないな。

入山料を取らないんだからほんと頭が下がります。

 

標高を上げていくとカタクリの群生がでてきました。

 

ところどころ開けたところから日本海の眺め。

自ら立てたプランにやばい最高やん、と自画自賛。

 

どどどーん。

 

これはキクザキイチゲです。雪割草に比べて花びらが多いのが特徴的です。

 

急坂がでてきました。

定年を迎えてそうな方が多い山なので皆さん大変そう。とは言え自分は写真撮りまくりだからもっと遅いんですけどね。

 

キクザキオウレン、見ーっけ。

 

雪割草にはオオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウといくつか種類があるそうです。ここ角田山の雪割草は最もポピュラーなオオミスミソウ。

山によって何色が多いとかもあるらしく、角田山は圧倒的に白と紫が多かったです。

個人的には冒頭に載せたピンクが一番好きかな。

 

 

変わった葉っぱがニョキニョキっと出てたので撮ってみたけど、触るとゴムみたいな感触だったからたぶんカタクリの葉かな。

カタクリはその名の通り、元々は片栗粉の原料です(知りませんでしたけどね)。

今でこそ片栗粉と言えば縦長の袋に入ったジャガイモのでんぷんから作られた物が一般的だけど、カタクリの球根から作られる片栗粉も超高級品として希少ながら残ってるそうです。

 

噂に聞いてた通り百花繚乱の山です。登ってみて期待は絶対に裏切らないと思う。

登山道を彩るカタクリと雪割草。こんな花の山は初めて。

 

そんなこんなであっという間に山頂です。

 

いつもの謎のポーズを男前に決める。

さってお昼にしましょーかね。

 

コースタイムが短い低山にしてはずいぶん早い時間に登り始めたんだけど、人気の山なだけあって既に人だらけ。

 

謎の横山太平翁像。ネットで調べたけどいまいち何をした人なのか分からなかったな。

このあと行った寺泊港にも不思議な銅像があって気になったけど、新潟は仏像やら銅像やらが多いのでしょうか。

 

くそー、やっぱ俺は花より団子なのかぁー。くぅ〜。

と、狙って持ってきといて猿芝居を打つ自分に少なからず恥ずかしさを感じる。

このあと寺泊港で浜焼きを食べる予定だから食べ過ぎないようにしないとっ。

 

下山は灯台コースで海を眺めながら歩くよっ!

下山は苦手だからいつも楽しめないんだけどこの山の下山は楽しみにしてました。

 

灯台コースは桜尾根ほど花は咲いてなかったけど、それでもカタクリの群生はすごい。他の山でこんなの見たことないよ。

みんな頭を垂れてます。

 

何度か登り返しがありますが低山なので大したことありません。ここまで疲労感ゼロ。

 

キターー!!!

晴れてたらもっと青い海が見られただろうけど、

これで十分!絶景!

 

日本海を隔てて見渡せるのが佐渡島。

佐渡島が目の前に見えるなんてね!なんか嘘みたいな景色。

真っ白な山は佐渡島の最高峰、金北山。

4月下旬になったら金北山登山口へのバスの運行が始まり、ゴールデンウイークは登山客で賑わうそうです。

 

海に突き出す峰へ向かって登り返し。

なんと開放的なトレイル。大袈裟だけど夢心地な感じ。

 

見下ろす駐車場もだいぶ車でうまってます。そりゃ混むわ。納得。

 

登り返しなんてなんのその。スイスイーっと。

 

さあ!さあ!!

来た、見えた、あそこ!!

 

灯台コース最大の見せ場に差し掛かりました。

この景色に惚れて角田山を選んだと言っても過言じゃない。

真っ白な灯台と海に向かって飛び込んでいくかの様に下山していく喜び。

 

灯台の中には入れなかったからそのまま真っ直ぐ海に向かって下りる。爽快なルート。

 

ウェーイ!!

海抜ゼロメートルまで戻って来ました。

日本海の荒波に歓喜の叫び。

 

浜辺をダッシュ。

(何度か撮り直しました)

 

なんもかんも楽しい。やっぱ海はいいね。

 

ウォーレン・クロマティ。

毎度同じネタでスンマソン。

 

 

角田山周辺の観光スポット 寺泊漁港とイタリアンみかづき

寺泊港のアメ横にやって来ました。角田山からは海沿いの道をドライブしながら約10キロほどの道のりです。

知り合いから角上魚類(かくじょうぎょるい)を強く勧められてました。ほんと、この店だけ大盛況。

 

4月はイカが美味いらしいですよー。

 

エビの唐揚げとイカ。これだけで結構満腹になってしまいました。

更にカニ汁もいただき、満腹メーターは完全に振り切りました。

 

 

サバの丸焼き700円に惹かれましたが。。さすがにそこは控えました、ゲプ~。

 

日か射してきたからもう一度海へ。時間に余裕があれば一緒に登ってもいいなと思っていた弥彦山がきれいに見える。

弥彦山はロープウェイで登れる山です。山頂は電波塔がたくさん立ってると聞いて登る気が半減。今回は見送りました。

 

見附市にあるスーパーPLANT-5までやって来ました。

次なる目的は新潟を代表するB級グルメ「イタリアン」を食す!!です。

(まだ食うのか)

ごくありふれたスーパーのフードコートにあって、子ども達に紛れて登山服を身にまとったおっさんがイタリアンを注文する姿はきっと周りからは異様な光景に映ったに違いありません。

 

これだーーー!!

焼きそばの上にトマトソースをかけた新潟県民熱愛のB級グルメ!

麺の太さはうどんと焼きそばの中間ぐらいでもちもちしてて美味しい。

トマトソース多い方がうまいっす!

1つ330円(お得!)

ホワイトソースがかかったチーズハンバーグにも惹かれましたがちょい高め。

 

ディープな新潟を満喫できて幸せー。

(安い!)

 

 

振り返って

 

山を始めてからというものの珍しい花を見かける機会が増えました。

これまであまり花に興味を持つこともなく育ってきた自分だけど、登山中に出会った花を調べているうちに徐々に徐々に興味がでてきました。

驚くべき変化・・。

とは言え、花を見てもツツジや桜、たんぽぽなんかは分かるけど、それ以外は正直いまいち分からない。調べてもすぐに忘れてしまう。

再び同じ花に出会っても「あれ、この花は前に調べたことがある花だな」と気付く程度で、すっかり頭から抜けてしまっているのだ。えへん。

花が好きな人はもともと基礎知識が備わってて、頭の中のデータベースも充実してるから花びらや葉の形から、名前は言い当てられなくてもたぶんアジサイの仲間、これはたぶんスミレの仲間、などと近い種類を当てることができる。

当然自分はそういった教養はゼロなのでまったくもって分からないわけです。。

 

この日、登ってる時に花のことをいろいろと教えてくれた方は、名古屋から石川県の輪島まで雪割草を見に来て、そのついでに角田山まで足を延ばした長距離移動を物ともしないご夫婦でした。

雪山シーズンをじーっと静かに過ごし、春になってから行動開始するあたりなんかは雪割草と同じ。

 

 

 

 

「花の種類を知っておくと登る楽しみが増えるわよ」

とその奥さんは気さくに教えてくれながら、写真を撮ることに夢中になってはるか後方に遅れてる旦那さんに

「まだあんなとこにいるよ~、もー早く!!」

と文句を言っては登り、傍らに咲いている雪割草を見て楽しそうにしている。

そんな光景を少し苦笑いしながら眺め、また知らない花があると、

「これは何ですか?」

と聞いて教えを乞う。

そしてまた気さくに答えてくれる。

 

もうすっかり春です。

 

花の名前は覚えにくい。

それでもこういう出会いが楽しいからいっそ覚えない方がいいのかもしれない。

きっとまたたいして興味のない花を楽しみに山に登るんだろうなぁ。

 

ではでは