大船山 やるきスイッチ

大船山 やるきスイッチ

 

九重の坊ガツルテント2日目、本日は大船山に登ってきました。

(1日目の雨ヶ池越ルートの記事は、こちらからご覧ください)

大船山はミヤマキリシマの代表的な群生地として知られ、国の天然記念物に指定されてます。
秋には九重一と称される紅葉が見られ、花の百名山、日本三百名山、九州百名山に選定される九重の名峰です。

坊ガツルから長者原への帰りの諏蛾守越ルートでは、硫黄山から立ちのぼる噴煙を間近に眺めながら、九重がまだ生きた火山であることに驚かされつつ、荒涼とした大地を歩きます。

ここは川端康成も歩いたことで有名なルートです。

死ぬまでに見ておきたい絶景と言ったら少し大げさですが、多くの人に訪れて見て欲しいと思わせる場所です。

夏休み、どこに行くか悩んでる人にぜひ参考にしてもらいたい、そんな山行となりました。

では

 

アクセス方法

・長者原へのアクセスは、こちら

■ルート・全行程スケジュール 2016年7月18日

5:50 大船山登山口 ⇒ 6:45 大船山山頂 ⇒ 7:30 登山口 ~テント撤収と朝ごはん~ ⇒ 8:50 坊ガツル出発 ⇒ 9:00 法華院山荘(休憩) ⇒ 9:20 諏蛾守へ移動開始 ⇒ 10:10 北千里浜 ⇒ 10:30 諏蛾守避難小屋 ⇒ 12:30 長者原

 

 

DSCN5706_R

おはよーございます。

この前日、子供に朝一で大船山に登ろうよと誘いましたが「僕はテントで寝て待とうと思うんだぁ」と断られてしまいました。

一応、起こそうと何度も激しく揺さぶりましたが全然起きてくれなかったので、1人で大船山に登ってきます。

 

DSCN5709_R

自分も少し寝坊してしまい、既に5:50です。

急いで大船山登山口に向かいます。

 

IMG_4623_R

まだ日が低いからトレイルは薄暗いです。

 

IMG_4625_R

登ってる途中、何度か顔をのぞかす大船山。写真右側のピークが大船山です。

 

IMG_4628_R

5合目の見晴台では九重の峰々の眺望を楽しむことができます。

 

IMG_4629_R

標高が1,786mしかないので基本ずっと樹林帯です。

 

IMG_4633_R

見事に晴れ渡る空。この日、九州で梅雨明け宣言が出されました。

長かった雨季が終わり、これからはいよいよ九州の暑い夏と台風シーズンへ突入です。

 

IMG_4634_R

少し樹木の密度が低くなってきたと感じたら稜線まではもう少しです。

 

IMG_4638_R

よし、出ました。段原(だんばる)とよばれるポイントです。

大船の山頂も捉えた。船が転覆した様な形をしてるからその名がついたらしいです。

 

IMG_4640_R

こっちは北大船山と米窪方面。

 

IMG_4650_R

山頂直下は岩場になってます。

大船もれっきとした火山です。トロイデ火山が多い九重の中では唯一のコニーデ火山なのがこの山の特徴。コニーデ火山の代表格は富士山と鳥海山。ちなみにトロイデだと由布岳や雲仙普賢岳もそうです。

 

IMG_4652_R

登りはじめてから約1時間、6:45に登頂。

すっかり日も高くなりました。

 

IMG_4665_R

ネコ耳が特徴の由布岳もはっきり見えます。

登ったかいがあった。圧巻の眺め。

 

IMG_4676_R

こっちは阿蘇方面。霞んでるけど根子岳も臨めます。

 

IMG_4680_R

で、ドーンと九重連山。

左から稲星、牛の角みたいな形をした中岳(九州本土最高峰)と天狗ヶ城、白い山容の硫黄山、三俣山の「くじゅう17(いちなな)サミッツ」。

久住山は隠れて見えませんでした。

 

IMG_4677_R

こっちは北大船と米窪。なんとも不思議な形をしてます。

ミヤマキリシマの開花時期はあそこがピンクに染まるらしいです。

 

IMG_20160718_073743_R

下山は苦手なので登りと同じ時間をかけて、1時間で登山口に着きました。

 

IMG_20160718_073809_R

坊ガツルからの三俣山の景色も見納め。

朝ごはんの準備をしつつテントの撤収を着々と進めます。

 

IMG_20160718_085307_R

昨夜盛り上がってた団体さんと同じタイミングで出発です。

大人数でワイワイガヤガヤやるキャンプって楽しいだろうなぁ~。

 

IMG_20160718_085630_R

時間が経つにつれてますます天気は良くなる。雲ひとつない快晴です。

暑くなりそうだからまずは法華院山荘に立ち寄ってしっかり水分補給しておこう。

 

IMG_20160718_090538_R

橋の上は清流で冷やされた空気と降り注ぐミストが涼しい。

この世のオアシスみたいです。

 

IMG_20160718_092337_R

登山道に関する掲示板があったので、諏蛾守越ルートに危険箇所がないかチェックしておく。

なんども坊ガツルに来てるというご夫婦にも話を伺い、ルートの特徴を確認。

 

IMG_20160718_092351_R

CCレモンと水を補給して出発です。

諏蛾守越ルートは法華院山荘の中を抜けていきます。

 

IMG_20160718_092411_R

ひゃーこの先はずっと日向。これは暑そうだぞ。

雨ヶ池ルートは一番標高が高いところが1,340m。諏蛾守越ルートは1,505mなので、標高差は約500m。

普通の登山ぐらいに登るので覚悟していきましょう。

 

IMG_20160718_093023_R

ざばざば水が流れてました。

あとは帰るだけだから靴が濡れるの気にしなくていいよ、と子供に伝えます。

 

IMG_20160718_094617_R

「まさかあの山登るんじゃないよね」、と子供が戦々恐々と聞いてくる。

「いやいや、山と山の間をぬって越えていくからあの高い山には登らんよ」

とは言え急峻な登りが続きます。

 

IMG_20160718_095547_R

ガスっても見つけやすい様に大きく書かれた「スガモリ」の案内。

以前、ここで吹雪にあい9名が集団で遭難。その内7名が亡くなってます。

2名は自力でスガモリ小屋にたどり着いて助かったそうですが、それ以来ペイントの案内はできる限り目立つ様にしてると聞いたことがあります。

 

IMG_20160718_095609_R

黄色のペイントを辿っていきます。ガレ場が続くので落石注意です。

 

IMG_20160718_095809_R

振り返ると坊ガツルはもうあんな遠く。

 

IMG_20160718_100216_R

暑い。。何度か休憩しながら登ります。

ミツバチが飛び回ってますが、虫が大好きな次男は一向にたじろがず、ミツバチの場合アレルギーがある人でも2回までなら刺されても死なないよと教えられました。

自分は子供の頃に一度刺されてるのであと1回でアウトやん。

 

IMG_20160718_100832_R

ガレ場を越えると目の前に広がる北千里浜。ここから圧巻の景色が始まります。

目の前の白い山体の硫黄山から立ち上る噴煙。その火山性ガスによって草木は枯れ荒涼とした大地を作り出してます。

入山規制にしてないのですから、火山活動の予兆はないのでしょうね。

 

IMG_4683_R

地球本来の姿を浮き彫りにした壮大な景色がしばらく続き、硫黄の臭いが鼻をつく。

こんなところを歩けるなんて、感無量。これまでこんな風景に出会ったことありません。地球の鼓動を近い距離で感じます。

 

IMG_20160718_101849_R

北千里浜を過ぎると諏蛾守小屋まで最後の登りです。

「ここを登りきったらあとはずっと下りですよ!」と、法華院山荘でルート状況を聞いたご夫婦が教えてくれました。このご夫婦、雨ヶ池越ルートで帰ると言ってたけど、自分たちを心配して諏蛾守越ルートに変更してくれたのだろうか?

なんにしてもこの先も親切にルートの間違えやすいところを教えていただき大変助かりました。

 

IMG_20160718_102708_R

そのご夫婦が先に待つ諏蛾守避難小屋に到着。集団遭難死亡事故があって作られた愛の鐘。

ガスがかかりやすいエリアのため、この音で歩く方向が分かって助かったという人が多いらしいです。

登頂の記念に2〜3発鳴らしておきました。

 

IMG_4685_R

さあ、あとは下るだけですが、浮石が多いガレ場を下るのでまだまだ油断できません。

 

IMG_20160718_110310_R

ここで2回ほど滑り台をして楽しんでましたな。

 

IMG_20160718_110924_R

ここの一部だけ舗装路があって、はるか眼下に長者原が見えます。

まだ2~3キロあるかな。

 

IMG_20160718_111246_R

ここを右に折れると長者原への近道です。

「見落としがちなので注意して案内標識を見ててくださいね」、と先ほどのご夫婦からアドバイスを聞いてたので、すぐ気付けました。

ありがとうございました。

 

IMG_20160718_113424_R

分岐から30分ほど歩き、ここからアスファルトの舗装路にでます。

 

IMG_20160718_113628_R

おぉ~滝だ。あの水がこっちに向かって流れてるはず!

暑い!

 

IMG_20160718_113832_R

やっぱり!ちょっと水遊びしていこう。

と言う前から子供は靴のままじゃぶじゃぶと川の中へ。おいおい。。

 

IMG_20160718_114125_R

自分も靴下を脱いで足をひたす。

う~ん気持ちいい。雪解け水じゃないからきんきんに冷えてるわけじゃないし、ちょうど良い水温。

 

IMG_20160718_114243_R

うおおおおーー!!

冷たくて気持ちいいーーー!!

 

IMG_4687_R

何やらガサガサしてると思ったらズボン脱いでたのか。

まさか?

 

 

IMG_20160718_114623_R

ぬおおおおおーーーーー!!

おっ、おまえもか!!

 

IMG_20160718_114629_R

ぬおおおおおおおおおーーーーーーー!!!

おおーっ、すげーいい顔してる!

 

IMG_20160718_114937_R

いやぁ〜満足。涼めました。

もういいだろぉー、そろそろ帰るよ〜

 

IMG_20160718_121658_R

子供の前をオニヤンマが飛んでいきました。

星生キャンプ場を過ぎ、車の通る音が聞こえ、旅の終わりが近づいてます。

 

IMG_20160718_122822_R

梅雨が明け、これから夏の最盛期を迎える九重の緑がきらきらと美しい。

長者原から子供と雄大な九重連山を眺めながら、かけがえの無い時間を過ごせました。

 

振り返って

 

九重には1700m以上の峰が9座あり、これらを「くじゅう17(いちなな)サミッツ」と言い、踏破した人のことを「17サミッター」と呼びます。

西日本新聞社が発刊しているアウトドア雑誌「のぼろ」で紹介されて以来、17サミッターを目指す人が急増し、中には1日で達成してしまう強者もいるみたいです。

自分は今回の大船山で6座制覇です。まあ、あまり意識しないでコツコツと楽しんでやろうと考えてます。

 

IMG_4651_R

 

大船山にはこの山を愛した岡藩藩主、中山久清の墓があります。

百名山の久住山が全国的に有名ですが、昔は大船山が主役だったのかもしれません。

牧ノ戸峠から久住山を目指すのが一般的なルートとなってますが、諏蛾守越ルートの北千里浜の風景は日本とは思えない圧倒的な迫力がありました。

久住山だけを目指す登山はもったいないです。

 

IMG_20160718_101052_R

 

サッカーユーロ2016の開催期間中は眠れない日々が続きました。

ポルトガルのエース、ロナウドが決勝ゴールの数分前、エデルの耳に口を近づけ囁きます。エデルがその時の言葉を明かしてます。

「ロナウドが、お前が点を決める、と言ってくれたんだ。その言葉は僕に自信をくれた。」

やる気にさせる一言が成長につながります。叱っても自信は育ちません・・・

そんなこと分かっちゃいますが、どうすれば子供がやる気になるか、親と子の様に距離が近すぎるとそう誉めてばかりいられないので難しいものです。

毎日の宿題をやる気にさせる魔法の言葉、ご存知の方がいたら教えて下さい。

お願い致します。

ではでは