IMG_1109_R

 

鶴見岳に家族登山をしに来ました。

標高1375m、日本三百名山のこの山は、九州では絶大な人気を誇る由布岳のすぐ隣に位置してるため、ちょっと目立たない存在。

しかし、登ってみると標高は低いけどスケールのある山で、原生林も多く残されてて、山頂から見下ろす別府湾や久住山、すぐ隣の由布岳の眺望も素晴らしくとても良い山でした。

なんといっても、ロープウェイがあるから下山はラクできる!

だから家族ハイクにちょうど良いかなと思ってこの山を選びました。

ただ、、失敗だったのは標高差。

なんと850mもあった。よく頑張ったよ、うちの子供たち。

今回の登山が自信になってくれたらこんな嬉しいことはありません。

 

<スケジュール>
2015年3月28日
10:40 登山口 ⇒ 13:40 山頂 ⇒ お昼 ⇒ 14:40ロープウェイ山上駅 ⇒ 15:58 庄屋の館(湯布院温泉)

DSCN2713_R

別府ロープウェイ駐車場に車を止めて、いざ出発。

天気良好。

風もなく、気温は日中20度まで上がるらしいから登山にしては暑いぐらい。

本当はここの桜が目当てだった。ロープウェイから見下ろす満開の桜を見せてあげたかったんだけど、ちょっと時期が早かったのは残念。。

DSCN2714_R

駐車場から登山口までの遊歩道。

あー、なんで桜咲いてないんだよー。

DSCN2716_R

遊歩道の途中にあった水たまりではオタマジャクシがうようよいました。

春が来たことを感じさせます。

 

DSCN2718_R

林道から登山道へ。

 

DSCN2719_R

標識に鶴見岳一気登山とあります。

一気登山とは別府湾の海抜0mをスタート地点にして、一気に鶴見岳山頂を目指すイベント。

毎年、桜が満開の時期を狙って開催されます。

 

DSCN2722_R

途中、竹林を抜ける。

 

IMG_1047_R

やっと本格的な登りに突入。

 

IMG_1051_R

まだまだ登り始めだから、ここら辺は杉林の中を我慢して登る。

早々に腹減ったとのリクエストを子供たちから受け取りましたー。早過ぎね?

 

IMG_1052_R

突然民家がでてきた。 腹減ったと、尋常じゃなく子供達が騒ぎ始めたので、ベンチもあったここで小休憩。

軽く食べるつもりが、パンとお菓子とおにぎりとのり巻きを頬張り、結局、普通の昼食になってしまった。

 

IMG_1053_R

食べ終わって元気になって再出発だ!

この橋を渡って右へ。神社方面へ。

 

IMG_1056_R

火男火売神社。

名前すげーな。ほのおほのめ神社と読みます。

IMG_1057_R

三国山で見た木にそっくりだったので桂の木かな?

 

IMG_1060_R

この先は自然林が広がる登山道を楽しめそうだぞ。

 

IMG_1059_R

神社を起点に登山する人が多いと分かる。ここに登山届けを提出するポストがあった。

ちなみに、自分はコンパスというホームページから電子申請してます。

 

IMG_1065_R

ちょっと登ってはすぐ休む。

次男よ、何のポーズだ?

 

IMG_1073_R

ここら辺からこの山の醍醐味を存分に楽しめる。

道が本当に良かった。原生林の中、なだらかに登っていく。

横に広く、日当たりが良く、開放感のある山歩き。

次男坊が走ったり止まったり、落ち着きのない行動ばかりするのですぐバテて止まる。

この山の一番良いところを歩いてるのに周りを見渡す余裕がないのがもったいない。。

IMG_1074_R

由布岳の時に弱音ばかりはいて、結局、山頂目前で引き返した長男がこの日は絶好調で登って行く。

半年ですごく成長した。嬉しくて泣いちゃいそうだ。

 

IMG_1085_R

長男よ、なんだその腰つきは。

 

IMG_1080_R

灰皿がありました。

ポイ捨てされるぐらいなら灰皿設置した方がマシだと思ったのだろうか。誰が回収に来るんだ?

自分は数年前に禁煙外来で見事に禁煙に成功しました。禁煙に関する話はまた今度書きます。

 

IMG_1082_R

3月末。こちらは今年の活動を再開したクマンバチ君。自分は子供のころからクマンバチ派だけど、正式にはクマバチです。

性格は温厚らしいです。自分は20~30m追いかけられた事があって凶暴だと思ってるんだけど。。
こんな大きくて黒々してて恐ろしい音を立てて飛ぶけど、実は針を持ってるのはメスだけ。しかも毒はない。
オスにいたっては針も持たないって知ってましたか?

この蜂は越冬するから出てきたばかりなんだろうね。まだ動きが鈍かったです。

IMG_1083_R

城島高原遊園地。木製のジェットコースターが有名。

超怖ぇ。

 

IMG_1084_R

次男もなんとかついていく。

頑張れー。

長男は余裕の笑みだ。すげーな。

 

IMG_1087_R

やっとここまで来たぁーー。

山頂はもうすぐだ。

IMG_1088_R

もう限界・・妻からそんなつぶやきが聞こえてきた。分かりやすいうなだれ方で進む。

そんな直後にゴールまでもう少しという標識はありがたい。

 

IMG_1090_R

眼下にロープウェイ山上駅が見えた。海と市街地が広がってるから高度感抜群だわ。

IMG_1093_R

ああ、あのピークを超えれば山頂だ!

 

IMG_1094_R

最後の力を振り絞ってがんばる次男。長男はもう先に行ってるぞ!

 

IMG_1096_R

ん?

 

IMG_1097_R

ああ、恵比寿さんがいたのね。頂上やないんかい!

恵比寿天展望所。

 

IMG_1098_R

展望所からの別府湾。

空気が澄んでれば四国まで見渡せるんだけど今日は霞んでて見えないね。

つか、こんなところで時間つぶしてるのがもったいないから、とっとと行くぜ

IMG_1103_R

鶴見岳山頂。

長かった。。予想をはるかに超えて長かった。よく頑張った。

 

IMG_1109_R

山頂から別府市街と別府湾方面。

 

IMG_1110_R

お隣の由布岳。

 

IMG_1111_R

九重方面。

ここでお昼とお菓子を食べた。なんかお菓子ばっか食べてんな〜。山登りして太るパターン。

 

IMG_1114_R

ロープウェイがなかったら下山できなかった。それぐらい体力使い果たしたなー。

 

IMG_1116_R

下りてきた。あんな高いところまで登ったなんて信じられないね。

 

IMG_1119_R

さて、温泉、温泉♪

別府の明礬温泉と湯布院温泉で悩んだけど、湯布院温泉をチョイス。日本を代表する二つの温泉地から選べるなんて幸せだわ。ちなみに黒川温泉も割と近くにあります。

今回は「庄屋の館」に来ました。15時55分。

立ちより温泉の受付は16時までなので、ぎりぎりだった。

 

IMG_1120_R

100%源泉かけ流しのコバルトブルーの大露天風呂がここの売り。

しかも由布岳を見ながら温泉が楽しめる。前から来たかったんだけど、やっと今回来れました。

景色も湯も、広さも文句なしです。客が少なかったから子供と軽く泳いで遊んだんだけど、髪がバリバリになってしまうぐらい、湯が強かった。

うちの子たち、登山後の温泉で水泳大会になることが定着してきた感があるな。

湯が青くて底が見えないから、歩いてると点在する腰掛け様の岩に足をぶつけて、軽く恐怖でしたぜ。

 

IMG_1124_R

吹き出す源泉と湯けむり。こんなのが町中、いたるところにあります。

 

さて、今回も家族ハイクでしたが、冒頭に書いたとおり、良い山なんだけど標高差850mは子供達にはちょっときつかったかな、と反省。。

ガレ場や鎖場がなく、安全な登山が楽しめるので、体力に自信がある方はぜひどうぞ。

桜が咲いてなかったのがね、最後まで心残りだったったい。ぐぞっ。

IMG_1107_R