IMG_20151011_144523_R

 

今回は番外編。

家族で耶馬渓(やばけい)に来ました。

色々調べてみましたが、登山ができるところは特になく、ほとんどがハイキングだったり、観光スポットを車で巡る旅になります。

子供が少し風邪っぽかったので無理はできないし、ちょうど良かった。

IMG_20151011_145635_R

運動不足解消にもならない旅でしたけど、これからの時期、奇岩怪石と紅葉を見て温泉楽しむのにちょうど良いところです。

ではでは

 

 

福岡から耶馬渓へは大分自動車道を玖珠インターで下りて行くのが便利です。

カーナビは耶馬渓で下りるよう案内してくると思いますが、シレッと通り過ぎてください。

IMG_2671_R

耶馬渓方面に車を走らせてまず最初に現れる観光スポットが、ここ一目八目。

主に耶馬渓の見せ場はここと青の洞門、羅漢寺に絞られると思う。

 

IMG_2672_R

駐車場に車を停め、散策道入口から一目八目方面にトレッキング。

耶馬渓は、本耶馬渓、奥耶馬渓、裏耶馬渓とエリアが分かれてて、それぞれの位置関係が分からず実態がつかみにくい。

IMG_2673_R

めんどくさかったので、分からないまま来ましたが、一目八目の駐車場内に観光案内所があって、そこで地図をもらい説明を聞いてはじめて少し理解できた。

よく分かったのは、車をつかっても一日で全てを回るのは難しいということ。

 

IMG_20151011_121121_R

なので、さっき挙げた観光スポットだけに的を絞って車で巡るのが良いです。

 

IMG_20151011_121537_R

耶馬渓の紅葉の始まりは11月から。その頃には駐車場は溢れかえってんだろうな。。

まだこの時期は山が青々としてて紅葉には程遠かったです。

IMG_20151011_121807_R

岩のトンネルがあるよーと、先行する子供たちが教えてくれました。

IMG_20151011_122125_R

あっと言う間に一目八目展望所。

駐車場から徒歩10分ぐらいでしょうか。

登山をはじめてからというものの、観光にスポーツの要素があって眺望と温泉というご褒美がないと満足できなくなってしまいました。

IMG_20151011_122139_R

なので、かなり消化不良なんだわ。。

車で気楽にこの景色に出会えるんだから来る価値はあると思うのですが、登山する人にしてみれば珍しい景色でも何でもない。

IMG_20151011_123449_R

途中、見晴台方面への道があったので行ってみました。

見晴らし台へのトレイルはやや荒れ気味です。

IMG_20151011_123458_R

正面の山頂に小型オベリスクが見えます。耶馬渓の鳳凰山やな。

IMG_20151011_123809_R

岩の洞窟。ヘビがいそうなとこだな。。駐車場のすぐ近くに1匹いたし。

IMG_20151011_125945_R

見晴台への道は悪路で子供たちが無理そうだったので、途中で引き返しました。

今年の九州ではよくヘビをよく見かける。下りてきてからもまた1匹見つけました。子供が「あ、スネーク!」と言ったのにズッコケたわ。

さて、お腹もすいたので道の駅「耶馬トピア」に移動します。

IMG_20151011_141405_R

耶馬トピアには蕎麦屋しかありませんでした。メニューに唐揚げ定食があったのですが、売り切れ。子供がそばアレルギーのため他に食べれるものがありません。

そこで訪れたのがここ、「川部精肉店」。

IMG_20151011_141914_R

耶馬トピアの店員さんが、

「すぐ近くに唐揚げの有名店があるんです。ここら辺では有名で精肉店が唐揚げを揚げてくれるので美味しいんですよ」

と親切に教えてくれました。

耶馬トピアから羅漢寺方面に車で1分ほど行くと右手にスズキの看板があって、その少し先を右斜めに入っていくと右手側にあります。

今回の旅で最大のヒットです。川部精肉店。

今回の耶馬渓の旅、ブログに書くつもりはなかったのですが、あまりにここの唐揚げがうまかったので、書くことにしたっス。

腹減ってたし、美味さに感動しました。

 

IMG_20151011_141922_R

鳥のたたきも購入。これは帰ってから食べます。

あ、ちなみに唐揚げは割り箸をもらえなかったので手づかみでいただきました。ウエットティッシュぐらい持って来てください。

子供達の唐揚げが美味いっていうアピール半端なかったな。お店の人も嬉しかっただろうに。

IMG_20151011_142110_R

みんなで背を向けて写真撮ろうと言ったのに、ちゃっかり目立ちたがり屋の次男。

お母さんのより美味い❗は余計な一言だったぜ。

 

IMG_20151011_143323_R

お腹もふくれたし、青の洞門へ移動。

青の洞門をうっかり通り過ぎてしまい、違うトンネルを青の洞門と思って遊んでしまいました。それがココ。

 

IMG_20151011_143327_R

ほぉ~ここを人の手で掘り進めたのかぁ、そりゃご苦労なこった。と間違えた想像を膨らませておりましたなぁ~。

IMG_20151011_143456_R

トンネルの中の強風に負けじとしがみつく巨大な蛾。一人で掘ってる時は蛾もたくさん来ただろうになぁ~と、またも間違えた想像。

IMG_20151011_143424_R

駆けっこ大会が始まる。耶馬いよ耶馬いよ。

IMG_20151011_144526_R

温泉に向かってる途中に青の洞門コチラの標識が出てきて、は?って感じだったな。

んで、ここが正しい青の洞門。駐車場が狭かったので紅葉シーズンは順番待ちになるでしょうね。

IMG_20151011_144758_R

手掘り洞門へは一回地下へ下ります。

IMG_20151011_144812_R

トンネルの入り口はだいぶ舗装されてますが、それでも十分手掘り感は分かります。

IMG_20151011_145253_R

先を行くとこんな感じ。

IMG_20151011_145313_R

ボルダリング始めてみっか!

IMG_20151011_145342_R

欲にまみれたお願いごとをしてる図。

IMG_20151011_145526_R

青の洞門 、とりあえず来れて良かった。

IMG_20151011_145551_R

来た道を引き返します。

IMG_20151011_145624_R

明かり窓。なるほど、これだけ大きければ西日がよく入る。

IMG_20151011_145759_R

山国川の輝くせせらぎ。時間がゆっくり流れてるなぁ。

IMG_20151011_144943_R

ここが全国初の道路トンネルなんだそうです。

IMG_20151011_150300_R

このトンネルができるまでは鎖をつかんで岩を伝ってたそうで、たくさん死んだようです。

IMG_20151011_150426_R

駐車場は50台ほどしか停められません。早めに来ることをお勧めします。

IMG_20151011_162900_R

さて、最後にお目当ての温泉に行きます。

今回は数年前に買った雑誌に紹介されてた、トロトロ温泉。名前に惹かれました。

温泉の雰囲気、良いです。シャンプー、ボディーソープもそろってます。

泉質は、トロっとしてるけど、熊本の平山温泉を超えるものではありませんでした。個人的な好みの差なのであまり気にしないでください。

自分は湯布院のとにかく広くて開放感ばつぐんの露天風呂が好きです。

今回は唐揚げ、それに尽きます。是非、ご賞味あれ。

子供たちの体調が良ければ次こそ登山だぁ!だーー!!(消化不良)