IMG_3072_R

 

 

福岡県糸島市の可也山に子供と登山にやって来ました。

別名、糸島富士とよばれるこの山は、海に囲まれた糸島市のランドマークとなってます。

IMG_3060_R

山頂からの眺望は玄界灘とそこに浮かぶ島々の大パノラマ。

芥屋方面の景色は、とてもとても、365mの低山とは思えない絶景!

個人的に山から眺める海が好きなので、底抜けに爽快でした。

 

<スケジュール>2015.11.22
13:25 駐車場 ⇒ 13:40 登山口 ⇒ 14:10 石切場跡 ⇒ 14:40 山頂 ⇒ 14:45 山頂展望台 ⇒ 15:00 下山開始 ⇒ 15:50 登山口

 

IMG_2977_R

今回は師吉公民館の駐車場に停めてピストンです。

ここの駐車場は6〜7台ぐらいしか停められませんが、1台だけ空きがありラッキーでした。

トイレもあります。

 

IMG_2978_R

可也山方面に向けて移動開始。

間近で見るとあまりに低山過ぎて、少しガッカリ。。

IMG_2980_R

ストーブを使い始める季節を目前にして、防災訓練の告知がありました。

 

IMG_2981_R

なかなか立派な鐘をお持ちの雲乗寺の前を通過。

 

IMG_2982_R

秋用に衣替えしたカマキリ発見。

即、次男坊に捕まる。

 

IMG_2985_R

登山口の標識に従って右折。

 

IMG_2986_R

みかんの木です。実が大きかったのでデコポンかと思いました。

 

IMG_2988_R

この林道を上がって行くと、

 

IMG_2990_R

登山口の標識。

ここから山頂の展望所まで1850mです。

往復約4キロ。午後からの子連れ登山にはちょうど良い長さです。

 

IMG_2991_R

ここにもみかんの木。色付きがまだまだです。九州は収穫が遅めですね。

 

IMG_2992_R

さあ、原生林がでてきたら本格的に登山開始。

 

IMG_2993_R

階段のトレイルが子連れの登山に優しい。

IMG_2995_R

前を歩きたがる次男を先頭に、背の順で進みます。

 

IMG_3001_R

展望所まで1400m。まだ450mしか登ってないのに、もう疲れたーと訴えられる。

 

IMG_3002_R

ワンコにも抜かれる。

 

IMG_3003_R

長男を持ち上げてぶら下げてみた。

地上から5センチぐらいしか浮いてないのに、めちゃビビってたな。

 

IMG_3007_R

またまた階段の登場。

 

IMG_3008_R

山登りをしてて初めて野いちごを発見しました。

 

IMG_3009_R

階段を登り切ると石切場跡に到着。

IMG_3010_R

なんと黒田長政の指揮の下、江戸時代に日光東照宮の建造のため、ここから採掘した花崗岩をはるばる日光まで運んでたそうです。

ほえー。

 

IMG_3011_R

だれの歯型じゃ。

 

IMG_3013_R

おっ、なんか景色が開けそうな雰囲気。

 

IMG_3014_R

ふむ、電波塔か。

登山中にこういうのが現れると残念ですな〜

IMG_3017_R

マムシグサ。食べたら死ぬこともあります。

野いちごのついでに子供が口に運ばない様、気をつけましょう。

 

IMG_3018_R

山頂まで800m。

やっと半分まできました。

IMG_3020_R

子供たちは休み休み、ぼちぼちと。

水泳やらせてるけど、やっぱ運動不足なんだな〜。

 

IMG_3022_R

11月下旬、早咲きのツバキがあちらこちらで咲いてました。

一般的には3月頃に開花するそうですが、まれに早咲きのものがあるそうです。

IMG_3024_R

IMG_3025_R

小富士梅林?

なんでしょう。初めて聞きました。春に楽しみなスポットですね。

 

IMG_3026_R

人だかりができてたので近寄ってみたら、なんとアナグマが餌を探してうろうろしてました。

子供たちと興奮して見てましたが、ちょっと近づいたらすごすごと森の奥に逃げてしまいました。

山登りをしててアナグマを見れたのも今日が初めてです。

 

IMG_3030_R

可也神社です。

 

IMG_3032_R

可也神社を過ぎると展望所までわずか300m。

山頂は展望所の手前にあるのでもう目と鼻の先です。

 

IMG_3034_R

目と鼻の先過ぎてうっかり山頂を通り過ぎる次男。

「おーい、ここだよー山頂は。ココ」。

山頂からの眺望は無いので、軽く記念撮影を済ませてこの先の展望所へ移動します。

 

IMG_3036_R

雑巾しぼりの要領で、次男と4回ほどねじってみました。

 

IMG_3048_R

山頂から展望所までは約3分。

 

IMG_3053_R

目の前に広がる玄海灘。爽快です。

こちらは唐津方面。

 

IMG_3054_R

こちらは芥屋(けや)方面。

PM2.5の影響で少し霞んでるのが残念。この時期は仕方ないですね。

この景色の先には壱岐・対馬、そして朝鮮半島があります。

 

IMG_3055_R

やっぱ山から眺める海は最高っちゃね~。

 

IMG_3057_R

可也幼稚園の登頂記念標識が3本立ってました。

そう言えば何人か幼稚園児ぐらいの子連れとすれ違いました。

難易度は昨日登った飯盛山より簡単です。鎖場もなく、小さい子でも安全です。

 

IMG_3065_R

下山途中に電波塔近くの展望所にも寄りました。

 

IMG_3066_R

能古の島、生の松原方面。

ふむ、電波塔め。

IMG_3067_R

子供と一緒の時は登りと同じ時間をかけて下山します。

油断するとすぐに駆け出して怪我するので目を光らせてます。

IMG_3068_R

何の実でしょう。

11月下旬だってのに、低山だとまだまだ実りの秋の様です。

 

IMG_3069_R

塗装路に出ました。

おしゃべりに夢中になりすぎて、下山したことに気づいてなさそうな2人。

 

IMG_3071_R

宗派の事とか疎くて分かりませんが、雲乗寺の神様に下山の報告をして帰りました。

 

  振り返って  

可也の名の由来は「伽耶」と言われてます。

その昔、朝鮮半島の釜山あたりにあった伽耶国です。

糸島は朝鮮に近いからでしょう、芥屋(ケヤ)や加布里(カフリ)など、朝鮮由来の地名が多いです。

ちなみに自分が住んでるところのすぐそばには元寇の防塁が残ってます。

初めて見た時は、

「あぁ、やっぱ福岡だなぁ~」

と、大陸との距離の近さと歴史の深さに感慨深くなったものです。

これから本格的な冬を迎えます。

子供との登山もなかなか難しい時期になりますが可也山の様な低山なら楽しめそうですね。

ではでは