CA3F0909

 

丹沢の鍋割山にやって来ました。
鍋焼きうどんを目当てに!

東京でも雪が降ったその翌日、山頂で暖かいうどんが食べれるなんて、しあわせ~。

きっと、どんな料理も敵いますまい。

サイコーに美味かった!

 

CA3F0913

 

CA3F0886

鍋焼きうどんにロマンを求めて、ロマンスカーで新松田駅へ向かう。

新松田駅でメンバーと待ち合わせ。駅を降りたら意外と登山客が多く、驚いた。

 

CA3F0889

バスで寄BSに向かう。ヨドリキと読みます。ヨリキリではありません、ごっつぁんです。

最初、雨水峠から山頂を目指すプランでしたが、川を渡渉する箇所が多く、前日が雪だったこともあり、櫟山(くぬぎやま)経由に変更しました。

 

CA3F0890

なんとタイミング良く、ロウバイ祭りがやってました!

 

CA3F0893

20代の頃はなかったけど、今は登山に来て花をみることに楽しみを感じられる。花の百名山を踏破するのも、本気で考えてみていいかも。。

ロウバイは甘い香りがなんとも言えません。1月下旬から3月上旬までが見頃です。宝登山が有名ですね。まさか鍋割で見れるなんてねー。ほえ~。

 

CA3F0891

途中までは標識に従って進みますが・・・

 

CA3F0894

茶畑のわきを抜けたり、こんな道、通って良いのか?ってとこを進みます。

 

CA3F0895

さあ、ここのゲートをあければ登山開始。

 

CA3F0897

階段を上がれば、薄暗い杉の中に突入します。いつもの我慢の時間帯が始まります。

 

CA3F0899

杉を抜けたら、一気に開ける。

 

CA3F0900

やっほー。丹沢らしい景色に心躍る。

 

CA3F0901

標識がありました。ここが櫟山の山頂だったのかー。

 

CA3F0902

こ・・・これはなんて読むんだ。。栗ノ木洞?栗禾洞?
どちらにしたって、くりのぎどうって読めるね。

 

CA3F0903

さあ、これも丹沢名物。階段。心、撃沈。

後沢乗越方面からの登山道と合流して人数がちょっと増えた。

 

CA3F0904

だんだん標高をあげてきて富士山が見えた。

 

CA3F0905

それにしたがって、雪も増えてきた。表面だけ白くて、実はびちゃびちゃ。泥はねがひどくて歩くの大変。

 

CA3F0906

振り返って先ほどの櫟山と富士山をズームで一枚。

 

CA3F0908

さあ、山頂に向かうウイニングロード。

 

CA3F0911

鍋焼きうどんののぼりが真っ先に目に飛び込んでくる。

山頂に到着〜。山頂は混み混みでした。鍋焼きうどんの人気、ハンパないねー。

 

CA3F0912

眺めも良かとです。

 

CA3F0914

1273m。標高は低いけど、眺望が良いのでそれなりに登った感はあります。

 

CA3F0915

山頂から見た富士山。

 

CA3F0916

鍋焼きうどんを食べたら、塔ノ岳方面へ。金冷シから大倉尾根を使って帰ります。指が入り込んでスンマソン。

 

CA3F0917

塔ノ岳方面へは鍋割山稜を行きますが、この道が良かった!

ここは本当に丹沢か?雪化粧をした山脈を見ながら、日向をのんびりと稜線歩き。概ねなだらかな道が続く。

 

CA3F0918

夏なら葉が生い茂って景色は良くないかもですが、この時期は最高ですよー

 

CA3F0919

箱根方面の山々。前日の雪と雨のおかげで大気が綺麗なんだろうね。

 

CA3F0920

ゆったり標高を上げて行きます。

 

CA3F0921

鍋割山から0.9キロ歩きました。標高は1341m。

 

CA3F0922

塔ノ岳方面へ。徐々に標高を上げてく感じ。急登はないから楽勝です。

 

CA3F0923

鍋割から1.3キロ。

 

CA3F0932

ここから大倉に向けて大バカ尾根を下る。

 

CA3F0933

眼下に平塚の街並みが広がります。この夜景がみたくてナイトハイクする人って多いみたいね。自分にはムリ無理〜

 

CA3F0935

昼間の景色だけで、十分癒されます。

 

CA3F0939

しばしトイレ休憩。丹沢は至る所にトイレの設置があるから良いですね

 

CA3F0940

さて、標高を下げると、雪が溶けてぐちゃぐちゃ。まともに歩けなくて、ほんと苦労した。

 

CA3F0941

丹沢クリステルの出迎え。ここまで下りてきたらゴールしたも同然。

 

 

振り返ってみれば、不意打ちのロウバイ祭りで始まり、天候にも恵まれ、ブナの原生林もきれいで、鍋焼きうどんも格別だった!
なんだかんだで、かなりポイントを抑えた山行になったな~って思う。

丹沢には何度か来てるけど、冬の丹沢がこんなに良いとは思いもしなかった。春、テンニンソウが咲く頃にまた来たいと思います。

次は蛭ヶ岳かなー。