IMG_3163_R

 

扇山と百蔵山にやってきました。

■公共交通機関でのアクセス方法

・JR中央本線 鳥沢駅 → 鳥沢駅からはバスまたは徒歩。バスだと扇山梨ノ木平下車で乗車時間約15分。
・扇山梨ノ木平発のバスは無いので注意が必要。
・時刻詳細、バス停の場所は⇒コチラから。

■<スケジュール>2015年11月28日

8:23 鳥沢駅 ⇒ 8:30 扇山へ移動開始 ⇒ 9:10 梨ノ木平バス停 ⇒ 9:20 登山開始 ⇒ 9:33 水場 ⇒ 10:03 山頂 (10分休憩) 10:15 移動開始 ⇒ 11:18 百蔵山山頂 (昼食) 11:50下山開始 ⇒ 12:50 猿橋駅

 

秀麗富嶽十二景の中でも駅から歩いて行けるアクセスの良さ、低山で難所が少ないこの山は、自分の中では高尾山と同じく、どこに登るか迷ったときに行くべき山としてストックしてた山です。

IMG_3270_R

扇山は秀麗富嶽の6番山頂。その名の通り、扇を広げた様に横に広く、山頂の稜線がなだらかな山です。

百蔵山は7番山頂。その名の由来は、昔、桃の木がたくさんあったことにちなんでるそうです。

ちなみに百蔵山には桃太郎伝説があります。
猿橋、鳥沢、犬目という土地名からそう信じられてきたそうですが・・・誰がなんて言ったって桃太郎は岡山県ですよね。。

 

さあ、雲一つない快晴!

PM2.5の濃度も低く、富士山の眺めは最高。これぞ秀麗富嶽!っていう醍醐味を存分に楽しめました

満足じゃー

 

IMG_3089_R

高尾で中央本線に乗り換え、大月駅の手前、鳥沢駅からスタートです。鳥沢って無人駅だったのか。。

 

IMG_3090_R

駅前から20mほど出た表通りにバス停があります。

9時発。30分待ちか・・・。

IMG_3093_R

ひとまず、早朝から開店してる駅前の酒屋で午後の紅茶ミルクティーを購入し、歩くかバスを待つか思案。

 

IMG_3094_R

ええ〜い、バスと勝負じゃ!

たぶん登山口到着時間は同じぐらいになるだろうと予想し、歩くことにしました。

 

IMG_3095_R

扇山までは親切に至る所に標識が出てるので道に迷うことはないと思います。

 

IMG_3098_R

みかんの収穫時期を忘れてるっぽい民家の右横の通りを行きます。

IMG_3103_R

野菜に霜がおりて真っ白。

今日は天気が良い分、放射冷却が強まって一段と冷える。

IMG_3107_R

ゴルフする人は朝早いし道具大きいし大変だよなーと呑気な心配をしながら、ゴルフ場横の道路を進む。

IMG_3111_R

途中、標識に従って道路をショートカット。

 

IMG_3112_R

こんな感じの道を抜け、

 

IMG_3114_R

また道路に合流。

 

IMG_3117_R

ゴルフ場入り口の紅葉が綺麗です。

 

IMG_3118_R

梨ノ木平扇山登山口に到着。

だいぶ早歩きしたせいか、バスには楽勝でした。

歩いた時間は約40分。これならバスを使わない方が断然お勧め。バス代410円分、浮きました。

さて、ここで本日のルートを紹介します。

■ルート

IMG_3122_R

登山口にあった標識にペイント加工してます。毎度、雑な仕上がりで恐縮です。

赤が扇山への登りと百蔵山への縦走路。青が下山ルートです。

IMG_3125_R

靴紐を締め直し、キットカットを頬張りながらハイドレーションの準備をして出発。

準備中にバス組が到着し、「あ、あいつバス停で一度列に並ぼうとして歩いた奴だよな、ちっ」的な視線を感じ、勝者の気分を味わう。

なにやってんだか。

IMG_3131_R

登山口の紅葉。

IMG_3134_R

11月下旬、低山なのでまだまだこの時期の紅葉を楽しめると聞いて楽しみです。

 

IMG_3135_R

人気の山なだけにトレイルはよく整備されます。

 

IMG_3136_R

水場です。

手ですくってがぶ飲みしてたら、登山の格好してないソロの男性から、その水飲めるんですか?と聞かれ、ゴミでも混じってたのかと勘違いし軽くたじろいで、うまいですよと答えました。

 

IMG_3138_R

奥宮。そう言えば登山口に小さな祠があった様な。。あれが本殿か。

IMG_3141_R

中身が入ってない栗。

触ると簡単に指に突き刺さる鋭さをお持ちの様で(泣)

 

IMG_3142_R

うっそうとした杉林を抜け原生林の中へ。

木漏れ日が気持ち良い〜

IMG_3143_R

4月〜5月はつつじの群生を楽しめそうです。

えーっと、メモメモ。

IMG_3145_R

これこれ。この森林浴を楽しみにしてました。

 

IMG_3147_R

落ち葉をカサカサ鳴らしながら。

IMG_3151_R

登りがなだらかになってきました。もうすぐ山頂への稜線にでます。

 

IMG_3152_R

まず、右に行って扇山の山頂を踏みます。

 

IMG_3157_R

見えてきました。ここからの眺めで山頂が広々としてるのが分かりますね。

 

IMG_3159_R

着きました。標高1138m。

あー、今日この山を選んで正解。

雲一つない晴天。霞もないし、富士山が最高に綺麗です。

IMG_3164_R

この落書きを解読すると、

「もえたいゴミ 税金どろぼう。酒井税金不燃」。。。

大月市よ、早く撤去してけろ。

 

IMG_3167_R

見惚れてしまうな〜

 

IMG_3170_R

波立つ山頂の霜柱。

 

IMG_3175_R

山頂はご覧の様に広々〜。

人も閑散としててラッキーでした。

しばらくするとバス組が上がってきて賑やかになるので、百蔵山へ移動します

IMG_3177_R

扇山から百蔵山まではコースタイム125分。

今日は一人なので、まあ、えっちら行きますわ。

IMG_3178_R

見上げればすっかり冬の枝木。

楽しみにしてたこの季節がまた来たことを実感。

 

IMG_3180_R

そうのんびりもしてられない、えげつない下り坂。この一発目の下りでなんと300m近く標高を下げます。

IMG_3191_R

急激に標高を下げ、のんびり登って、またガツンと下るを繰り返し、最終的には400m近く標高を下げました。

もったいない。

IMG_3192_R

これで天気が悪かったらやってらんなかっただろうな。

 

IMG_3193_R

枯葉の絨毯を踏んで音を楽しみながら進む。

IMG_3194_R

ヤロウ、どこかに天狗が隠れてやがるぜ

 

IMG_3207_R

樹林の隙間から扇山が見えた。フゥ〜、もうこんな歩いたのか。

 

IMG_3209_R

百蔵山に向け登りが始まる。

 

IMG_3211_R

これが結構な急登で、この辺りで疲れもあったからしんどかった。

 

IMG_3214_R

まだまだ登るのね。

翌日も登山の予定だから休み休み、疲労の蓄積を防ぎながら進む。

 

IMG_3216_R

おっ、やっと山頂っぽ感じだ。

 

IMG_3218_R

着きました。標高1003m。

ふ〜、登った甲斐がありました。

こっちも素晴らしい眺めです。

 

IMG_3221_R

この地と明治維新がどんな結びつきがあるのか分かりませんが、明治維新百年祭記念で建てられた石碑があったでごわす。

IMG_3227_R

扇山からよりも百蔵山から見る富士山の方が木の被りがなくきれいに見えます。

 

IMG_3229_R

今日のお昼は横浜家系ラーメンです。

ストーブは高級メーカーの物じゃなくAmazonで購入したキャプテンスタッグです。これだと田舎のホームセンターでもガスが売られてるので助かってます。

IMG_3230_R

ラーメンに湯を注いで5分待ってる間にコーヒーで乾杯。

コップは100均。ケチケチっす。

IMG_3232_R

名残惜しいのですが、下山します。

 

IMG_3233_R

今日も気持ち良い汗がかけました。明日筋肉痛にならなければ良いのだが。。

 

IMG_3234_R

IMG_3236_R

途中、富士山がよく見える展望所がありました。肩寄せ合ってる男三人組が山頂目前にして、もうここでよくねぇ?と話してたな。

 

IMG_3237_R

展望所を過ぎると一気に杉林に突入です。

 

IMG_3239_R

水場で顔をゴシゴシ洗う。

 

IMG_3240_R

ここで失敗。二又に別れる道なんだけど右に行くのが正解。自分は左斜めに上がって行ってしまいタイムロス。

 

IMG_3243_R

まあ間違えても駅には帰れるのでそのまま行きます。神社の前を通過。

右下に美術館を見ながらずっと道なりに行きます。

IMG_3249_R

途中で塗装路に変わり、あとは猿橋まで延々歩くのみ。

 

IMG_3250_R

こないだ九州でも見かけた早咲きの椿がここでも咲いてました。

IMG_3252_R

浄水場だす。

IMG_3254_R

ここの職員はこんな景色を見ながら仕事ができるのか。羨ましい。俺の会社なんて隣、墓場だぜ。

 

IMG_3260_R

でました、山梨名物のハッピードリンクショップ。これを見るとなぜかニヤけてしまうな。

 

IMG_3263_R

変哲もないそこそこ交通量のある道路をひたすら歩きます。

駅への標識は割と多いので迷わない。

IMG_3266_R

右に行けば岩殿山。

時間もあるし、ついでに登ってしまおうか悩みましたが、欲張る登山はポリシーに反するので今回はやめました。

 

IMG_3267_R

一級河川の桂川。覗き込むと吸い込まれそうで身が縮こまる。高いとこダメなんです、登山してんのに。

IMG_3273_R

甲州街道。左に曲がれば駅です。

 

IMG_3274_R

鳥沢駅に比べたらはるかに立派な猿橋の駅に到着。

13:16の中央線に乗って帰りました。

 

    振り返って 

誰でも登れる山だけあって、最初に遭遇した登山者はPコートに、オロビアンコのショルダーバッグのいで立ちの方でした。

自分も山登りを始めた当初は似た様なもので、パーカーにチノパン、ナイキのスニーカーだったなーと思い出しながら登ってました。

IMG_3278_R

天気が崩れないのが分かってればそれでも大丈夫なのでしょうが、汗をかいたら一気に冷えるので、中に着るインナーは速乾性のものを選んだ方が無難ですね。

本日、自分はランニングの格好をベースに少し登山っぽく、ウインドブレーカーと手袋と40ℓザックの組み合わせ。ザックにはダウンジャケットを入れておき、山頂で休む時は必ず着る様にしてます。

登山メーカーの服が高すぎるので、ランニングスタイルとの兼用ができて、それでいてダサくない格好でよく悩みます。

これから本格的な雪山シーズンが始まります。買い足さないといけない物が多く、山ギアの値の高さに悲鳴をあげてます。

わおっ!

ではでは