箱根登山  大涌谷~神山~駒ヶ岳(2014年12月7日)

はっこねーのやーまわぁ~♪ てーんかっのけん~♪

箱根ケーブルカーの混雑っぷりはまさに天下の険でござった。

箱根の最高峰、神山(かみやま)は標高1438メートルですが、大涌谷からだと標高差たったの400メートル。

東京タワーに登る様なもんです。

というわけで手ごたえはなかったけど、今日は観光を楽しむつもりで来たから大涌谷を散策したり、黒たまご食べたり、なんだかんだで満喫してきました。

寒波が来てたけどここら辺で根雪が積もるのは1月中旬頃。まだ夏用の登山靴で足元軽く行けちゃいます。

さあ、箱根珍道中、いざっ。

CA3F0093

<スケジュール>

2014年12月7日

東京駅(7:40)→小田原駅(8:30)→早雲山駅(10:00)→大涌谷→神山山頂→箱根駒ヶ岳山頂(13:10)→大涌谷(15:20)

CA3F0070

今日はリッチに新幹線こだまで小田原へ移動。
小田原へは仕事でしか行くことがなかったから新鮮!
こんな気分で小田原行けるなら毎回喜んで行くんだけどな~。

さて、小田原駅に着いたら、小田急線の窓口でトコトコ切符を買います。トコトコ切符で小田原から早雲山駅を往復するだけで600円ほどお得になります。当日中の途中下車なら何度でもOKです。

CA3F0071

しかし箱根登山鉄道、長い。。ほんと長い。箱根ケーブルカーも混むし。。。さすが箱根です。

やっとのおもいで早雲山駅に到着。この時点で既にゲンナリ、ぐったり。

CA3F0072

ぎょぎょっ!なんじゃこの看板は!

早雲山登山口に着いてみるとまさかまさかの伐採工事による侵入禁止の看板が!箱根観光のホームページにはそんなこと書いてなかったぞ。

駐車場の警備員さんに聞いてみたら、

「あぁ~何組か看板無視して強引に進んだけど全員戻ってきたもんね。県道つかって大涌谷でるしかないよー」

とのこと。オエぇ~。

大涌谷まで軽いハイキングだと思って行くしかない!

でも県道で大涌谷に向かうとぐるっと遠回りするから結構遠い。4~5キロはあったかな。
CA3F0073

県道を歩いてて途中にあった川が箱根らしく乳白色でした。すげ~温泉が流れてるー。それに野焼きが見れたり、意外と歩かないと気づけないことがあって、これはこれで良かったかも。

でも大涌谷の県道の渋滞はすごい。やっぱりさすが箱根ですよ。ケーブルカーも道路も、どこも大混雑。そんな渋滞の車の脇を登山姿でズンズン進みました。

CA3F0075

大涌谷の登山口に到着。
たまに、観光客が間違えて入って、すぐ戻ってきてました。

下山するときも2組の観光客から、今からここ登って何分で頂上行けますか?と聞かれたけど神山は50分、駒ヶ岳は100分ですねーと答えたら2組とも引き返してた。

全然ゆるい登山だから次はぜひ登ってもらって、山の魅力に引き込まれてもらいたい。

CA3F0076

登山口から5分ほど歩いたところ。

大涌谷らしく火山性ガス出まくり。すごいすごい。ちょっとテンションあがる。
ただ自分は喘息なので吸い込み過ぎると良くないと思いそそくさと先を急ぎます。

CA3F0079

更にしばらく進むと道はこんな感じ。霜がすごい。日陰は霜で真っ白。日なたはびちゃびちゃ。

雪は降ってないから冬山の装備は全然いりません。

CA3F0078

振り返れば富士山。

最近、山に登っても天気がわるくて富士山が見えない登山が続いたけど、やっぱ富士山いいわ。

ぎゅうぎゅうに詰め込まれたケーブルカーの疲れが吹き飛んださ。

CA3F0080

神山まではあっという間です。

登山口から50分ぐらい。やはり寒いから登山客少なかった。山ガールのバーティーを3組見かけただけで、スイスイ登れます。

ただ道が二本に分かれたところでは片側一方通行だったりして、普段の激混み具合を想像させてくれます。今日はラッキーでした。

CA3F0082

途中、寒さで全く動かない鳩がいた。かなり近づいても身動きしない。捕まえてみようか一瞬悩んだけどこの後その手でおにぎり食べると思ったら無理でした。
その代わり超至近距離からパシャッ。

CA3F0083

神山山頂です。箱根最高地点。眺望なし。話には聞いてたけどほんとつまらない山頂なのでとっとと先の駒ヶ岳へ行きます。

CA3F0085
駒ヶ岳への道はこんな感じで一旦1200mぐらいまで標高を下げます。

CA3F0086

そして登る~

と、大げさに言ったけど丘を一つ越えるぐらいの感覚。日なたの道は霜が解けてびちゃびちゃだから泥はねに気をつけて端っこの草の上を歩く。

CA3F0088

山頂が見えました。

熊笹をかき分けながら進みます。この道は良かったよー。

だけど道が狭くて熊笹の上に尻餅着いてしまった。なかなか起き上がれなくてカッコ悪かっただろうな。誰もいなくて良かった。

CA3F0089

山頂に着きました。なかなか立派な神社があったから今年無事に山のぼりを楽しめた感謝と、来年もたくさん登るから守ってくださいとお祈りしてきました。

南無~。

CA3F0091

山頂からの眺め。冬枯れした野原が今年の終わりを感じさせます。雪が降ったら違うんだろうけど、なんだろうね、この寂しげな風景は。小田原市街と海。寂しいわー。

CA3F0092

駒ヶ岳山頂のロープウェー駅。寒かったからこの建物を風除けに使っておにぎり食べました。ロープウェーで上がってきた人達で賑わってました。登山客って自分以外いなかったかも。。

CA3F0094

さて、寒いからお昼を早く切り上げ、神山方面へ戻ります。来た道をそのまま戻っても面白くないから神山を巻いて大涌谷方面へ行きます。

CA3F0096

大涌谷方面へ。本来なら早雲山方面へ下って帰りたかったんだけど仕方がありません。

巻き道を使いましたが時々杉林も出てきたり、あまり面白くなかったです。

CA3F0099

帰りは大涌谷から早雲山までロープウェーを使います。絶景に声をあげて喜ぶ子供達が可愛かったな。

箱根山ははじめてだったけど、外輪山の金時山とかの方がはるかに良かったかな。

大涌谷の観光は楽しかったけどね。
もう次はいいやー。

今回がまったり登山だった分、次回はガッツリ登山でいくぜ。

ではでは